2012年5月18日金曜日

私の喫煙のきっかけはコレでした。最近は逆に禁煙がコレですよね。

タバコを吸い始めるきっかけはなんでしょうか?
「みんなが吸っているから」と、
なんとなく吸い始めた人がほとんどなのではないでしょうか。

また、タバコを吸っている姿を見て、「かっこいい」と感じて、
それを真似ようと思い、タバコを吸い始める人も多い。

初めて吸ったタバコの味は美味しいものではなく、
むしろ不味いものだったのではないでしょうか。
でも練習して、なんとか味に慣れて、「喫煙者」の仲間入りをします。


強さのアピール
タバコは身体に悪い、健康を害するという事は、
「タバコは百害あって一利無し」ということわざもあるように、
昔から広く知られていました。
タバコが身体にとって「毒物」である。

その毒物であるタバコをあえて「摂取」するというのは、
ある種、個体としての「強さ」を強調している行為なのかもしれません。
それが男性なら「男らしい」と見せる手段となるのかもしれません。


イメージ宣伝効果
日本では、テレビや映画の中で「かっこいい」俳優がここぞというシーンで、
「当たり前のように」タバコを吸っています。
女性に人気のある俳優やタレント達です。
タバコCMにもその銘柄のイメージに合った俳優を起用して、宣伝しています。

その場合、タバコを吸うから「かっこいい」のではなく、
単にその俳優が「かっこいい」のに過ぎなかったりするのですが、
その演出によって、「かっこいい男が喫煙する」
という「イメージ」が植え付けられます。

タバコのテレビでの商品CMは禁止されていますが、
電車の中吊りや、雑誌にはたくさんの商品広告が載っています。
さわやかなイメージに作られた広告です。

タバコ会社の広告宣伝によって意図的に刷り込まれた「かっこよさ」なのですが、
そう思いこまされている事に気づいていないのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿