2012年5月18日金曜日

アルものがあることによって受動喫煙者の害が増大します!

フィルター付きなら問題はないか?

現在販売されているタバコはほとんどが
フィルター付きのものです。

目的としては、タールなどの有害物質を除去するために採用されていますが、
その性能も進歩し、30パーセントくらいは除去可能で、
フィルターなしの場合と比べるとある程度の効果は期待できます。

しかし、煙が発生している以上フィルターを通しても、
有害物質の量を完全にゼロにすることは不可能です。


また、タールはタバコの風味と関係があるといわれていますが、
あまりタールが除去されすぎても、物足りなさを感じ本数が増え、
結果タール総量があまり変わらないことになります。

フィルターが効を奏するのは喫煙者が吸い込む主流煙だけでは、
点火部から立ちのぼる副流煙に関して、当然のことながら効果なしです。

タールなどの有機物質はむしろ副流煙のほうに多く含まれているわけですから、
受動喫煙の害の防止効果は全く期待できません。

0 件のコメント:

コメントを投稿